news

ついに、残り1週間!!!@オーディトリウム渋谷

大好評の木村栄文レトロスペクティブ。

オーディトリウム渋谷での上映は、いよいよ残り1週間となりました。
連日、幅広い世代の方に、足繁く通っていただいております!!本当にありがとうございます!!

 

実は、これからなんだ……という方へ。
まだ大丈夫です。間に合います。

まず、『鉛の霧』『まっくら』セットか、『苦海浄土』『あいラブ優ちゃん』セットがおすすめです!!
感情のジェットコースターを味わえます!もっていかれます!!特に『まっくら』を見ないのはもったいない!!!

そして、アヴァンギャルドに生きたい方は『記者ありき』か『いま冬』『飛べやオガチ』セットを見て励まされ、
癒やされたい方は『むかし男ありけり』か『桜吹雪のホームラン』を見て、男のロマンのダメさ加減に勇気づけられて下さい。

さらに、豊潤な表現力と抜群の調査・取材力によって、重厚なテーマを軽々と乗り越える、『鳳仙花』『記者それぞれの夏』『絵描きと戦争』。決して一筋縄ではいかない”エーブン節”を堪能して下さい。

 

最後に、今週末のトークショーのおさらいです。

●2/25(土)
12:50~『記者ありき 六鼓・菊竹淳』上映終了後
柳下毅一郎さん(特殊翻訳家)
清水浩之さん(ゆふいん文化・記録映画祭コーディネーター)

●2/26(日)
12:50~『鉛の霧』+『まっくら』上映終了後
吉岡忍さん(ノンフィクション作家)
石井彰さん(放送作家)

最後の一週間を盛り上げてくれること必須のトークショー。
どんなお話が飛び出すか、今から楽しみです!!

★劇場では複数人でも使用可の、お得な5回券も絶賛発売中!!!
ぜひこの機会をお見逃しなきよう!!!

2/19(日)渡辺考さん×石井彰さん トークショーが行われました!

2/19は、森達也さん・石井彰さんのトークに引き続き、
15:20〜『記者それぞれの夏 〜紙面に映す日米戦争〜』上映後、
NHKディレクターの渡辺考さん、放送作家の石井彰さんによるトークショーが行われました!!

 

 

 

 

 

 

 

(左から:石井彰さん、渡辺考さん)

渡辺考さんは、2006年に「もういちどつくりたい〜テレビドキュメンタリスト 木村栄文の世界〜」(NHK教育・ETV特集)を制作。パーキンソン病と闘いながらも、今一度ドキュメンタリー制作に取り組む栄文さんに密着し、栄文さん独特の表現世界と、生き様に迫りました。

渡辺さんが栄文さんと出逢ったのは、2004年の秋。
当時、栄文さんが新聞のコラムでテレビ論評を書かれていて、渡辺さんが制作した番組を見たいと連絡を受けたことがキッカケでした。そのときは「非常に教条的な番組である」とダメだしを受けたそうです。
それが悔しくて栄文さんのご自宅に通い、作品を改めて見るという日々がはじまったある日、栄文さんがぼそりと「もう一度番組を作りたい」と話したのがきっかけで、取材を申し込んだそうです。
「栄文さん、またご家族にとっては、良いことばかりではない撮影になるから不安はあったけど、栄文さん自身がそれをやってきた人だから、断ったら絶対おかしいと、どこか引き受けてくれるという確信はあった」と話します。

石井彰さんから「栄文さんの作品で、渡辺さんの心に残るものは?」と投げかけられると、
テレビの作り手として一番の衝撃は『まっくら』そして『苦海浄土』だと渡辺さん。
「ドキュメンタリーは創作である」と常々語っていた栄文さん、それが一番色濃く出ていると話します。

『まっくら』を見た誰もが衝撃を受ける、栄文さん扮するテレビリポーターが川に二度突き落とされるシーン。

あのシーンの裏側について、栄文さんは「あのとき撮影がうまくいかず、ギクシャクしていたから、現場を盛り上げるために何かデカいことをやろうと思ってやったんだよ」と渡辺さんに話したことがあるそうですが、「絶対それだけのハズじゃない!」と渡辺さんは語ります。
皆さんはどう、思いますか??

話しは『鳳仙花 〜近く遙かな歌声〜』の裏話に。2年前、渡辺さんがロケで韓国に滞在中のとき、テレビで『鳳仙花』に登場する韓国の国民的歌手、イ・ミジャさんのご自宅を訪問する番組が放送されていたそうです。リポーターが「お宝を見せて下さい」というと、イ・ミジャさんが見せたレリーフを見て、渡辺さんはびっくりしたそう。
なんとそれは、栄文さんのご自宅に飾られていた『鳳仙花』が文化庁芸術祭大賞を受賞したときのレリーフのレプリカ!!興奮した渡辺さんは、さっそく栄文さんのご自宅に電話をかけたそうです。

栄文さんを慕う気持ちに溢れた渡辺さんが、実は一番好きな作品は『むかし男ありけり』。無頼派作家・壇一雄の生涯を、高倉健さんがリポーターとなって描いた作品です。
渡辺さんは、疲れ切って絶望的な気持ちになったときに、この作品を見るとなぜか元気になる、“お薬”のような作品だと語ってくれました。

現在、渡辺さんが取り組んでいる番組は「日本人は何を考えてきたのか」(NHK教育)。
1月22日(日)に放映された「第3回 森と水と共に生きる〜田中正造と南方熊楠〜」は渡辺さんの演出でした。
そして渡辺さんが今度取り上げるのは、民俗学者の柳田國男。
現在、勉強の真っ最中だそうですが、「第8回 常民の日本を探る ~柳田民俗学とその継承者~」として7月22日(日)午後10時〜放送予定です。
こちらもぜひチェックしてください!!

 

最後に石井彰さんから「民放の番組・制作者にNHKが門戸を開いたことは素敵なことだし、取材に応じたRKBの皆さんにも本当に感謝したい。そして、『良いものは良い』、ということで、NHKや民放という壁を越えて、隠れた地下水脈が、渡辺考さんによって作られたことにも感謝しています。」とお話がありました。

●第2週目を迎えた「公開講座 木村栄文レトロスペクティブ」
「テレビ」「映画」の壁も越えて、『良いものは良い』精神で最後まで突っ走っていきます!!
夕方17:15〜、夜19:10〜の回は24日(金)まで!!
※25日(土)からの最終週は1日3回上映となりますので、ご注意ください。
全作品コンプリート目指して、ぜひぜひ劇場までいらして下さい!!

2/19(日)森達也さん×石井彰さん トークショーが行われました!

2/19(日)13:00〜『桜吹雪のホームラン 〜証言・天才打者大下弘〜』の上映終了後に、
作家・映画監督の森達也さん、放送作家の石井彰さんをお招きして、
トークショーが行われました!

 

 

 

 

 

 

 

(左から:石井彰さん、森達也さん)

冒頭、「名前はずっと知っていたけれども、栄文さんの作品を初めて見たのは2006年だった」と森達也さん。
話しは自身の作品も俎上にあげながら、白熱したドキュメンタリー論へと展開していきました。

『A』『A2』を制作して“ドキュメンタリーは主観です”と語っていたけど、栄文さんは、その30年も前から、ドキュメンタリーの客観、公正中立の幻想さについて、作品で語っていた」と森さん。そして、栄文さんという先人がいることが心強かったと。

石井彰さんから「栄文さんと森さんのもう一つの共通点として、画面に出ることを厭わないよね」と指摘されると、「えっと…ナルシストだから」と会場を沸かせました。
そして、「画面に出る理由は、被写体に対する干渉と加害性です。自分だけ隠れているというのは、潔くないという気持ちがある」とお考えを話してくださいました。

 

次第に話題は、森さんが11年ぶりに監督を務めた『311』(森達也、綿井健陽、松林要樹、安岡卓治 共同監督作品)に。
遺体を収容している様を撮影していて、遺族や地元の人達に「何撮ってんだ!」と罵声を浴びせられたとき、謝りながらも撮影をやめなかったのはなぜ?と石井さんから問いかけられると、
「ジレンマですよね。怒られて当たり前だと思っています。でも、撮るな!と言われても、撮ります。謝りながら撮るなんて破綻していると思うけど、それが撮ることの矛盾でもあり、負い目でもあり、僕らの仕事の宿命でもある。とても辛いことだけど」と森さん。
そして最後に「栄文さんがもし僕の作品を観たら、きっと『普通じゃん』っていうと思う」と話してくださいました。

なおトークショーの模様は、映画.comさんでも紹介いただいています!
こちらからご覧になれます。→「映画.com

『311』は3月3日(土)より、ユーロスペース、オーディトリウム渋谷で公開がスタート!!
こちらにもぜひ、ご注目下さい!!→『311』公式ホームページ

2/18(土)編集・粟村皓司さん×橋浦太一さんトークショーが行われました!

2/18(土)13:00~『飛べやオガチ』+『いまは冬』の上映終了後、
栄文作品の多くを編集した粟村皓司さん
今回のレトロスペクティブ開催のきっかけとなった、
昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で木村栄文作品初めテレビドキュメンタリー特集を企画された
山形国際ドキュメンタリー映画祭コーディネーターの橋浦太一さんをお招きして、トークショーが行われました!

 

 

 

 

 

 

 

左から:橋浦太一さん、粟村皓司さん

山形国際ドキュメンタリー映画祭でもトークをしたお二人。
橋浦さんも「東京でもこうやってまたお話し出来て嬉しいです」と。

粟村さんは、「エーブンちゃん」「アワちゃん」と呼ぶ仲だったということで、
終始、「エーブンちゃん」とお話してくださったところからも、
スタッフの枠を越えたお二人の関係性が感じられました。

 

栄文さんが“賞獲り男”と言われた所以から、製作の裏話までたっぷり語っていただきました。

準備期間も含め長いものでは、なんとっ!3年もの年月をかけて製作されたというこです!
さらには、放送が終わってから、最終台本が出来上がるといったことも何度もあったそうです。
「今のテレビでは考えられない贅沢な作り方ですね」と橋浦さんがおっしゃると、
「今の時代にはまったく許されない作り方ですね」と粟村さんも笑っておられました。

さらに明日上映される『まっくら』には実はいくつもバージョンがあるそうで、
編集された粟村さん自身もどれくらいあるか分からない(!)とのことでした。

 

また、粟村さんは、栄文さんとの最期の思い出も語ってくださいました。
「良い時代に、良いものが作れた」それがスタッフみんなの実感です、トークを締めくくってくださいました。

こだわり・執念の男であった栄文さんと、それを支えたスタッフとの信頼関係があったからこそ、
生まれた珠玉の作品を、ぜひスクリーンで体感してください。

『公開講座 木村栄文レトロスペクティブ』@オーディトリウム渋谷は、3/2(金)までの開催です。

 

明日19日(日)にもトークが行われますので、ぜひ劇場にお越しください!

●2/19(日)
13:00~『桜吹雪のホームラン』上映終了後
森達也さん(作家・映画監督)
石井彰さん(放送作家)

15:20~『記者それぞれの夏』上映終了後
渡辺考さん(NHK「もういちどつくりたい~木村栄文の世界~」ディレクター)
石井彰さん(放送作家)

【メディア情報】「日経新聞」「HogaHolic」にて紹介されました!

【メディア情報】

●新聞「日本経済新聞」(2/18 朝刊)
本日の朝刊で紹介されております。

●WEBサイト「HogaHolic」(2/11 配信)
こちらからご覧いただけます⇒「HogaHolic」

ぜひご覧ください。

オーディトリウム渋谷での上映スタート!

ついに、2/11(土)に初日を迎えました!
満員御礼!ご来場のみなさん、ありがとうございました!

初日初回の作品は、木村栄文代表作『苦海浄土』+『あいラブ優ちゃん』
上映終了後には、原一男監督によるトークショーが行われました。

原一男監督とエーブンさんの出会いは、
原監督の『ゆきゆきて神軍』に対し、エーブンさんが、批判的なコメントを新聞に寄せたことだそうです!
その後お互い作品を見て打ち解け、影響を与え合うような関係になったそうです。
さらには、エーブンさんが女性にモテる一面など原監督ならではのトークで会場を沸かせました。

 

翌12日(日)には、
高倉健が作家・壇一雄の晩年を追った『むかし男ありけり』の上映終了後
金平茂紀さん(TBSテレビ執行役員兼「報道特集」キャスター)と、
丹羽美之さん(東京大学情報学環准教授)によるトークショーを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

左から:丹羽美之さん、金平茂紀さん

伝説のような方だった、と金平さん。
ドキュメンタリー・テレビ報道の枠を超えたエーブンさんの作品に、
常識を覆された!とその出会いと衝撃を語っていただきました。

 

さらに、ホームランキング大下弘の人柄に迫る『桜吹雪のホームラン』上映終了後、
阿武野勝彦(東海テレビ『平成ジレンマ』『死刑弁護人』プロデューサー)と、
石井彰さん(放送作家)によるトークショーを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

左から:石井彰さん、阿武野勝彦さん

『平成ジレンマ』などテレビで放送した番組を劇場公開させてきた東海テレビのプロデューサーで阿武野さん。
石井さんからは、このお二人の共通点など製作者の視点を掘り下げて語っていただきました。
「栄文さんの作品に恋をしてきた」と話す阿武野さんは、
パンフレットにも、エーブン愛に溢れた原稿をお寄せいただいております。

 

スタートから数日経ち、エーブン作品に魅了されつつある方も多いのではないでしょうか。
毎週土日にトークショーがありますので、作品だけでなく、
各界の方々が語るエーブンさんにもご期待ください!

 

≪今後のトークショースケジュール≫

●2/18(土)
13:00~『飛べやオガチ』+『いまは冬』上映終了後
粟村晧司さん(木村栄文作品編集者)
橋浦太一さん(山形国際ドキュメンタリー映画祭コーディネーター)

●2/19(日)
13:00~『桜吹雪のホームラン』上映終了後
森達也さん(作家・映画監督)
石井彰さん(放送作家)

15:20~『記者それぞれの夏』上映終了後
渡辺考さん(NHK「もういちどつくりたい~木村栄文の世界~」ディレクター)
石井彰さん(放送作家)

●2/25(土)
12:50~『記者ありき 六鼓・菊竹淳』上映終了後
柳下毅一郎さん(特殊翻訳家)
清水浩之さん(ゆふいん文化・記録映画祭コーディネーター)

●2/26(日)
12:50~『鉛の霧』+『まっくら』上映終了後
吉岡忍さん(作家)
石井彰さん(放送作家)

パンフレット完成!!

いよいよ2/11(土)よりオーディトリウム渋谷でスタートする
『公開講座 木村栄文レトロスペクティブ』。

本日パンフレットが完成しました!
(ギリギリ間に合いましたっ!!)

オールカラー28ページの豪華使用!

『まっくら』など栄文さんと名コンビでおなじみの作家・森崎和江さん
トークにもご出演いただくノンフィクション作家・吉岡忍さん、東海テレビプロデューサー・阿武野勝彦さん
特集翻訳家・柳下毅一郎さんらによる、“ここでしか読めない”寄稿も掲載!

木村栄文作品に出会ってしまったのなら、手に入れたくなること間違いなし!の
絶対後悔させないパンフレットです。明日より劇場にて販売いたします。

また、明日13:00-『苦海浄土』+『あいラブ優ちゃん』の上映終了後には、
原一男監督によるトークショーもあり!

劇場でお待ちしてます!

【メディア情報】「STUDIOVOICE ONLINE」にて紹介されました!

【メディア情報】

●WEB「STUDIOVOICE ONLINE」(2/10配信)
こちらからご覧いただけます⇒「STUDIOVOICE ONLINE」

川本ケンさんのレビューが掲載されております!
見出しは“すべて「新作」!”

初めて木村栄文作品に出会う方も多いと思いますが、
ぜひこちらのレビューをご参考に、お楽しみください!

【メディア情報】「読売新聞」で紹介されました!

【メディア情報】

●新聞「読売新聞」(2/9 夕刊)
本日の夕刊で紹介されております。

『木村栄文レトロスペクティブ』と同じくオーディトリウム渋谷にて、
2/11(土)(連日11:00-)からスタートする『テレビに挑戦した男・牛山純一』
合わせてご紹介いただいております。

こちらの記事は、
WEBサイトからもご覧いただけます⇒「読売新聞WEBサイト」

ぜひ両作品合わせてご覧ください!

【メディア情報】「東京新聞」で紹介されました!

【メディア情報】

●新聞「東京新聞」(2/8 朝刊)
本日の朝刊・放送&芸能面で、
全12作品の紹介もしていただいております!

こちらの記事は、
WEBサイトからもご覧いただけます⇒「東京新聞WEBサイト」